行方不明の愛猫に再会できた、心から喜びの涙を流した男性の誓いの言葉に世界中が涙・・・




涙の再会

レイモンドさんは眠れない日々を送りました。

「目も耳も不自由なリリーはきっと心細く自分を待っているかもれない。」そう思うとレイモンドさんは心配で心配で胸がつぶれそうでした。

しかし、レイモンドさんは諦めずに地元のシェルターにリリーの特徴などを伝えて連絡を待つことにしました。

果たして再会することはできるのでしょうか?

諦めずに探しながら待ち続けた結果、2ヶ月後に動物愛護団体からリリーに似た猫を保護していると連絡があったのです。レイモンドさんは探し続けていたリリーに再開した時に今までの気持ちが一気に溢れ、涙が出てきました。

そして泣きながらリリーを撫でて、「もうお前を放さないよ」と誓ったのです。それからふたりは、自分の家に帰って、以前と変わらない幸せな生活を送っているそうです。

気に入ったらいいね!してね♪




コメントを残す