サイズの大小なんて関係ない!オオヤマネコの檻に猫が迷い込んだ結果・・・




リンダとダスジャ

 今回登場するヨーロッパオオヤマネコのリンダと、リンダの檻に迷い込んだ猫ダスジャはロシアのサンクトペテルブルク動物園にいます。オオヤマネコの中では最大と言われる「ヨーロッパオオヤマネコ」は自分よりも大きい動物を捕食できるほど獰猛で体長は体長80~130センチ、体重は18~30キロくらいになると言われています。

 そんなリンダがまだ小さい子供だったとき、リンダの檻へ普通の子猫のダスジャが迷いこんできたのが2匹の初めての出会いでした。子供とはいえ縄張り意識が強く、獰猛なヨーロッパオオヤマネコであるリンダの檻の中です。動物園の人たちは悲惨なことになるのではないかと心配しながら見守っていました。

しかしその心配とは裏腹に檻の中では、素晴らしい光景が見られました!

 

仲良し

 周りの心配をよそに、なんとリンダはダスジャに自分の餌を分けてあげたのです。そして子猫たちは、お互いの毛づくろいをしたりじゃれあったりして一緒に仲良く過ごしました。

 動物園としては本来なら他の野生動物を一緒に飼育するのは認められないことなのですが、特例としてダスジャを動物園の一員としました。この子たちの微笑ましい姿を見ようとお客さんの数も増えました。

 成長した今もリンダとダスジャは兄弟のようで、心強い親友のようです。今日も仲良く気持ちよさそうにお互いを毛づくろいしています。

2匹の様子にほっこりしました。

これからも仲良くしてね




1 個のコメント

  • 子供達は、縄張り意識が無いので、人間も環境が悪ければ、親と離したらいい人間になるかもしれない。

  • コメントを残す