里親を待つ1,100匹以上の保護猫たちを自分の家で預かる女性の活動に脱帽!




自宅を提供

 アメリカに住むレイニアさん。なんと保護猫のために、この女性は自宅を提供したのです。自宅を完全に猫の保護施設にし、どこの部屋にも行き来できるようにしたそうです。

 最初は100匹未満でした。しかし数はその後徐々に増え、今では成猫800匹に子猫が300匹の計1,100匹という超大所帯になりました。

 そんなレイニアさんはたくさんいる保護猫の病院代削減のため、資格までとったそうです。そして獣医さんに1週間に一度、猫の健康状態をチェックしてもらいます。

 1,100匹もいるとなると、お世話が大変です。しかしながら猫のために、資格までとってしまうレイニアさんは凄いです。そんなレイニアさんと保護猫たちの生活を、次のページで詳しくご紹介いたします。




コメントを残す