辺り一帯が沼地となっている場所に生えた細い木の上で身動きが取れない絶体絶命の子猫の前に現れたのは…?




沼地に子猫

ルイジアナ州に住むランドールさんは猫のレスキュー活動をしています。

救出した猫の数は、なんと100匹以上のベテランです。

ある日、「沼地に猫が取り残されているで助けてほしい」と一本の電話が入りました。

実はルイジアナ州に大きなハリケーンが通り、豪雨のために沼地ができてしまったのです。

要請を受けたランドールさんにはたくさんの救助の経験はありましたが、沼地は初めてでした。

ランドールさんが現場に着くと、大きな沼地が一面広がっていてその中央に細い木があり、枝と枝の間に猫が1匹不安そうに鳴いていました。

ランドールさんは慎重に事を進めていきます。あんまり刺激をしたら水に落ちたり、さらに上に登ってしまっては大変です。

救助活動の結末は、次のページの動画にてご覧ください。




コメントを残す