目が見えず、草の中でうずくまって助けを呼んでいた子猫に応えた男性との運命の出会い!




目が見えない子猫

 ある男性が職場の敷地内を歩いていると、どこからともなく子猫の鳴き声が聞こえてきました。声をする方に行くと、草むらにうずくまっている子猫がいたのです。

 男性が近寄ると、子猫は目が見えないことに気が付きました。子猫は目が見えず、不安で鳴いていたのでしょう。男性は周りに親がいないか探しましたがいませんでした。

 優しい男性は、この目の見えない子猫を保護することにしました。このまま放っておいたら子猫の命に関わると判断したからです。

 妻に電話して家に連れて帰ると言ってから病院に連れて行き、夫婦でお風呂に入れてあげてノミをとってあげました。その後の子猫の様子は、次のページにてご覧ください。




コメントを残す