お家に入れないでいた子猫を全身で助ける母猫の優しさに胸が熱くなる・・・




母猫と子猫

 猫は母性本能が強く、母猫は自分の命を削る思いで子育てをするといいます。母猫はひとりで出産し食、事に出かけるとき以外はずっと子猫のそばを離れません。

 それは子猫におっぱいをあげて排泄するとき、舐めてあげないと子猫は自力でできないからです。子猫を立派な成猫にするためのしつけも、しっかりとするのです。

 今回ご紹介する子猫、外から帰って来てお家に入れないと鳴いて母猫を呼んでいます。子猫の声に気づいた母猫はすぐに飛んできました。

 しかし子猫を入れるには家の窓の高さがかなり高く難しいです。「どうするかにゃ…」少し母猫は考えています。続きは次のページでご覧ください。




コメントを残す