殺処分寸前のところで救われた子猫は救ってくれた女性への感謝の気持ちが溢れて止まらない!




保健所からの救出

 ペットブームが加速していく事に比例して捨て猫や捨て犬の数も増え、飼い主のモラルや責任が問われるような深刻な社会問題にも発展しております。捨てられてしまったペットは保健所に一定期間預かられた後に引き取り手がいない場合は、殺処分されてしまうのです。

 今回ご紹介する映像の中にも、そんな可哀想な猫が登場します。捨て猫として、保健所に収容されていたヘンリー。

 とってもスマートで可愛らしい猫なのですが人間の都合により、飼い主がいなくなってしまいました。このままではヘンリー君も処分の対象になってしまいます。

 しかし、危うく殺処分になってしまう寸前にボランティア活動をしている保護主のアデルさんがあらわれました。その後のヘンリーの保護主への感謝の気持ちを表した行動は、次のページにてご覧ください。




コメントを残す