前足が不自由だでも後ろ足で立つのは誰よりも上手!障害をものともしない子猫の成長に胸が熱くなる・・・




カンガの前足

 カンガはサンフランシスコのレスキューセンターに保護されました。カンガの前足2本は、撓骨発育不全と言われる先天的な症状で、肘の骨が短くて四本足で歩くのは困難です。

 しかしカンガは前足を使わず、後ろ足で器用に立ち上がれるのです。その姿がカンガルーのようで愛らく、里親さんもすぐに見つかりました。

 カンガはとても活発な猫。名前の由来にあるカンガルーのような動きで、障害などなかったかのように機敏に色んな場所へ行きます。

 本当なら他の猫と同じように、四本足で歩けていたはずのカンガ。しかしカンガの頭の中には、悲しみやマイナスの考えは無いのです。

続きは次のページで!!




コメントを残す