子猫を拾ったけど大きな犬をすでに飼っていたので一晩だけ保護しようと思ったが翌日・・・




一晩だけ保護

 ロサンゼルスに住むシャラさんは、親子が心配そうに何かを見ているものが気になりました。見てみるとそこには、小さな子猫が1匹寂しそうにいました。親子の話によると、子猫は兄弟とはぐれてしまったのではないかとのこと。

 シャラさんは親子と一緒に、子猫の兄弟を探しましたがどこにも見当たりません。しかしながら、子猫を交通量の多い場所に置いていくわけにもいかないと思い、シャラさんは一晩だけ保護することにしました。

 一晩だけという期限にはシャラさんなりの事情がありました。実はシャラさんの自宅、もうすでにピットブルのロキシーを含む3匹の動物がいました。

 もうこれ以上は飼えないと思ったので、一晩だけ保護して次の日には手放そうと思ったのです。翌朝になりシャラさんは後ろ髪を引かれる思いでしたが、最後の挨拶にと子猫をピットブルのロキシーに会わせてみました。その時の様子は、次のページにてご紹介いたします。




コメントを残す