絶望的だった子猫!「もう助からない」と言われてもこの女性は決して諦めなかった・・・




保護された子猫

 日頃から動物保護活動を行うニッキーさんのもとに、保健所から連絡がありました。生後5週間の野良猫が保健所に届けられたとの知らせです。

 保護されたのはこちらの猫のバニーです。保護された時には、既に感染症から栄養失調を患っておりました。体はやせ細り、毛もまばらにしか生えていないバニーは写真で見るだけでも痛々しい姿です。

 この時点で助かる見込み無いと保健所の医師からも言われていました。果たしてバニーの運命は?結末は次のページにてご覧ください。




コメントを残す