歩行困難な3姉妹の子猫ちゃんたちのために特製の車いすを作った結果・・・




歩行困難

 今回ご紹介する子猫ちゃんは、ロサンゼルスの保健所で殺処分されるところを動物保護施設へ保護された子たちです。3姉妹で名前をバブルス、バターカップ、ブロッサムと付けてもらいました。

 この子たちは先天性の小脳形成不全という疾患のため、生まれつき歩行が困難です。通常障害がある子猫は、里親が見つかりにくいために殺処分になることが多いのですが、心あるボランティアさんのお蔭で施設へ保護されることになったのです。

 子猫達は歩けないこと以外は普通の子猫と変わりません。ボランティアさんは何とか自力で動けるようにという願いから、猫専用の歩行補助用具を作ってあげました。

 果たして子猫たちは、特製の車いすを使いこなしてくれるのでしょうか?胸が熱くなる動画は、次のページにてご覧ください。




コメントを残す