凍死寸前で命の危ない状況の猫。発見した人による救出劇に胸が熱くなる




凍死寸前の猫

 ある寒い日に、玄関に猫が倒れているのを見つけました。その猫は凍ってしまっていて、完全に死んではいないものの瀕死の状態だったのです。

 発見した男性が、すぐさま猫を保護しました。呼びかけつつタオルなどで温めながら猫の身体をさすっていると、猫もその呼びかけに答えているかのように声を上げてくれました。

 その後だいぶ体が温まってきた猫は、お水を貰うと一生懸命飲見ました。最初はひどく凍えていた体は、みるみるうちに回復していきます。

続きは次のページから!!




コメントを残す