保護してくれた人の力を借りてついに子猫を出産した母猫!我が子を愛おしく思う姿に心温まる・・・


妊娠中の野良猫

ある日、保護団体でボランティアをしているケイシーさんが、野良猫の集まりの中に妊娠している野良猫を発見し、保護しました。その野良猫は「サマー」と名付けられました。

生後8ヶ月のサマーはずっと野良として過ごしていた為、人間に全く懐きませんでした。

しかしケイシーさんが辛抱強く接し続けたことでサマーは心を開くように、いよいよ出産の準備へと入りました。

しかし、サマーのお腹からはなかなか赤ちゃんが産まれません。

不審に思ったケイシーさんが動物病院へ連れて行った結果、帝王切開が必要だとの診察を受けました。

お腹の中の子供全てを失う覚悟すら決めていたというケイシーさん。

しかし困難な手術を乗り越え、見事3匹の子猫がサマーのお腹から産声を上げました。

サマーと子猫たちのその後の様子は、次のページにてご覧ください。





コメントを残す