年老いた状態で飼い主に捨てられ、災難にも見舞われた猫!残された時間を楽しむ姿に涙・・・


ティガーの運命

 メリーランド州に住むティガーは、20歳の老猫です。老いるだけでもつらい事なのに、ティガーはその年で飼い主に捨てられてしまいました。保護された時は毛が固まっていて、身体はやせ細っていたうえに肝機能障害もありました。

 かわいそうなティガーでしたがティガーは強くしなやかに、そして諦めを知らない猫でした。幸いにも、ティガーに里親が見つかりました。

 そして、治療と食事療法の甲斐があってガリガリだった身体も戻り、絡まっていた毛も剃ってスッキリきれいになりました。新しい家族に体の回復、良い兆しだと誰もが思っていましたが、新たな悲しい問題が出てきたのです。

 年老いたティガーの身体に、腫瘍が見つかったのです。しかもゴルフボール大の大きな物でした。せっかく幸せになれたティガーはこの後、どうなるのでしょうか?気になる方は次のページでご覧ください。





コメントを残す