猫さんに構ってもらいたいハスキーの子犬の健気な努力に対する猫さんの反応やいかに!?


視線を感じる・・・

 猫さんに、「一緒に遊ぼうよー!」という熱い視線を送りながらロープで遊ぶワンちゃん。一方、床に寝そべってマッタリくつろぐ猫さんは、ワンちゃんの気配を感じながらも一緒に遊ぶ気にはならないご様子。2匹の温度差が何とも言えないですね。(笑)

 そして、くつろぎタイムを邪魔されたくない猫さんはワンちゃんから離れようとお部屋の隅に移動します。しかし、それでも一緒に遊びたいワンちゃんは猫さんに近寄って行き、結果嫌われてしまいます。果たして無事に仲良くなれるのでしょうか?

気になるロープ

 それでもユックリとくつろぎたい猫さんは、とうとうお部屋の外に出て行ってしまいました。ションボリとしたワンちゃんは、一緒に遊ぶのを諦めてくれたのでしょうか?

 と思いきや実は猫さん、本当はロープが気になっていたようです。。ワンちゃんが居なくなった隙に遊んでい他のですが、ここでやっぱりワンちゃんに見つかってしまいます。

 イヤがる猫さんを、遊んでくれていると勘違いしたワンちゃん。シッポをフリフリしてじゃれていたと思ったら・・・。

 いかがでしたか?このほのぼのとした攻防戦、やはり猫さんに軍配が上がったという事でしょうか?いつか2匹仲良く遊べると良いですね。




コメントを残す