窓際で佇み、何かを伝えるように不思議な鳴き声で鳴き続ける猫!猫語翻訳機が欲しい(笑)




不思議な鳴き声

 白い毛並みの猫が窓際で佇んでいます。そして、何かを見つめているようです。猫は今まで見たことのないもの、正体が分からないものに警戒心がすごく働きます。

 この猫の目にはどう写っているのでしょう?猫は、暗いところでは野生の時の力と言いますか、夜目が効きます。暗い階段の先に何か蠢いています。

 正体は分かりませんが、猫と同じくらいの大きさでしょうか?猫はこの正体不明のものに対して、視線を送っていたのです。

 正体の分からないものほど、怖いものはありませんから。このあとの展開と不思議な鳴き声が気になる方は、次のページをご覧下さい。




コメントを残す